読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関根デッカオ's 不肖動静

筆者の頭部に、大きさなりのはたらきを見せてもらおうという試みです。

お怒りの声を受けて

日記 文句

 僕にしては珍しく風邪をちょうだいし、更新が停滞してしまった。この1週間ほど、人の怒りから色々と勉強させてもらうことがあった。

 

 先の金曜日だったかしら、勤務先への道中に乗り換えが必要な僕は、いつものように淡路の駅で電車を待っていた。阪急電鉄ご指定の乗車位置の先頭。ホームに滑り込んできた快速急行に乗り込もうとした際、ことは起きた。僕のすぐ横でぼうっとたたずんでいた老人が、あろうことか割り込み乗車を画策してきたのだ。それだけではない。「何しとんじゃ、こいつ」などという悪態のおまけつきであった。こちらとしては、正規の乗車位置にいないことから、別の電車に乗るものと判断していた人物である。それがどうやら見当外れだったらしく、彼は独自に設定した乗車位置から我先にと座席確保に動いたのだ。僕だって、いちおう鬼ではないから、腰が曲がろうかという老人から優先座席を奪おうとはしないが、それにしたってやり方が悪どいのではあるまいか。よもや運転士の技量への疑いから、正規の位置とは違うところで待っていたのか。「暴走老人」の名を冠するのは、安直にもほどがあるので控えるが、最低限の礼節くらいはわきまえてほしいものである。

 

 他方、仕事においても理不尽な怒りを買ってしまった。詳細については伏せるが、ある人から日本語特有の婉曲表現の揚げ足を取られ、マッチポンプ式に罵声を浴びせられてしまったのだ。誰か適当な相手にケンカを吹っかけるぶんには申し分のない才能については、「放火魔」の名をほしいままにするものと思うが、やはり受け手としては気分が優れない。とりあえずガナることが、彼の日常生活にハリを与えているのだとしたら、たまったものではない。折々に強引な説教を差し挟む、まるで建設的ではない試みを、ある種の教育手段として捉えているフシがないでもないので、余計に始末が悪く思われた。同じ釜の飯を食らわずに済むことが、不幸中の幸いといったところか。

 

 いずれにせよ、何が元となってよそ様の怒りを買うかは、てんで予想がつかない。今後は一層、慎重に慎重を期した言動を心がけねばならない。