読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関根デッカオ's 不肖動静

筆者の頭部に、大きさなりのはたらきを見せてもらおうという試みです。

かわいい後輩にはなれそうもない、という話

随筆

 いまやっているお仕事は、転職のため一度やめたことがある。けれど、転じた先では少しもうまくいかなかった。いちおう、正規雇用されていることを除けば、ひとつとして身を置ける理由が見当たらなかったのだ。僕は研修期間も満たさないままに辞職し、従前の職場に出戻りした。ありがたいことに僕風情を気にかけ、声をかけてくれる人が実在したのである。

 

 で、このたび、出戻りの有効期限も満了してしまい、僕は再び現職を去る運びとなった。形式ばったことしか口にできないながらも、周囲へのあいさつを済ませていくうち、ある話を耳にした。なんでも復職を持ちかけてくれた人が、今回の退職を受けて僕から再々度の進路相談があるのではと、待ってくれていたのだという。最終的に「まあ、いまさらお前がそんなこと言っても遅いやろうけど」との補足がなされて、その話は結ばれた。

 

 確かに、そういうことができていれば、いくらか状況は違っていたのかもしれない。現に相談の機会を持とうかと考えなかったでもない。でもやはり、できなかった。それはあまりにも図々しく思われたから。

 

 大層な言い方をすれば、相手は恩人である。いや、大層ではないな。職を、収入の手立てを、みすみす放棄した僕を救済してくれたわけだから。恩人である。であるからこそ、恩義にさらなるアップデートをかけるような行いは、どうにもはばかられてしまった。ここでまた頼ってしまうと、いついつまでも、いつまでも、その人に対して足を向けて寝られない心持ちになろう。いや、当然そうなのだけれど、かような考えが自らのうちに支配的になれば、色々の要請に応える必要が生ずるように思う。ざっくりいえば、垂直的な付き合いの重視みたいなことだけれど、これは維持管理がたいへんだ。僕ごときがうかつに手を出してしまえば、気がすり減って「ノ」くらいになるのではとの恐れが、どうしてもぬぐえないのである。ある種の自衛本能のはたらきなのかしら。

 

 実際、復職してからの僕は、その人からすれば薄情に映ったかもしれない。気の利いた話もしなければ、目上に甘えるような振る舞いもできない。いわゆるいじられキャラも演じられないし、懐へのダイブもできない。そういった薄情の一環に、今度の件も位置づけられようかと思う。そこへ加えて、仕事ぶりも褒められたものではないと来れば、いよいよもってかわいがるべき部下の構成要件を欠いてしまうわけである。

 

 申し訳のないことをしたと思っている。恩人と呼ぶべき人に対し、ただ通りいっぺんの謝辞を述べるに留まったのだから。ともあれ、もう今後のことは自分自身でどうにかするしかない。そのための素地をつくったというように思い込むことにしたい。

 

 それにしたってビジネスの局面において、公私の線引きがうやむやになるくらい気安く立ち回れる人がうらやましい。同じ人に仕え、怒鳴られ、時には甘えて見せる。そりゃあ、かわいかろう。あの曲芸的とでも評すべき能力は、いったいどこで会得してくるのだろう。