読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関根デッカオ's 不肖動静

筆者の頭部に、大きさなりのはたらきを見せてもらおうという試みです。

喫茶アドマンに行ってきた

ポケモンGOの聖地たる扇町公園の少し南、喫茶アドマンに行ってきた。時刻は午後3時過ぎ、大阪万博の前後に創業したというのも納得のムードを漂わせつつも、実に手入れの行き届いた店に、フランクなママが迎え入れてくれた。 客は僕1人だけ。温かいカフェオレ…

破壊行為をはたらいて

人の持ちものを誤って破壊し、悲嘆に暮れる。これまで会社として所有するものについては、何度か修理を要する事態に追い込むことがあったのだけれど、まるで悪びれるようなことはなかった。しかし、個人蔵のものとなると、少々勝手が違うらしい。事故発生か…

春の夜の痔談

何の因果か知ったことではないが、痔になってしまった。新聞のテレビ欄のかたわらで、独自の主張を展開していた痔の模式図さながらの突起物が、出し抜けに生じてしまったのだ。着座時にソフトランディングを要することが、これほどまでに面倒だとは思っても…

バイバイサンデー

この週末も相変わらずの週末といった感じで、休日の使い方に光明を見出すには至らなかった。休みはほしい。きっちりほしい。ほしいのだけれど、いざ休みの日を迎えてみると、これといってしたいことが思い浮かばない。行きたいところもない。娯楽にあたるも…

お怒りの声を受けて

僕にしては珍しく風邪をちょうだいし、更新が停滞してしまった。この1週間ほど、人の怒りから色々と勉強させてもらうことがあった。 先の金曜日だったかしら、勤務先への道中に乗り換えが必要な僕は、いつものように淡路の駅で電車を待っていた。阪急電鉄ご…

頻尿日を振り返る

役得で2杯の無銭コーヒーをいただき、かわやが近い1日だった。それとは関係なしに、自費でふらっと入った喫茶店・こぐまのマスターの話は、やたらと遠大。柄にもなくカフェオレなど飲みながら耳を傾けていると、最終的に「近く地球は滅びるのだから、いまの…

あるオンの日に寄せて

目覚ましの設定時刻を1時間誤り、当初の予定より24分遅れで起床するも、大事には至らず。労働がもたらす疲労感というのは、さしあたりアラームをセットしさえすれば、具体的な時刻の確認など経ずとも、気が済むようにさせてしまうものらしい。転居以来初めて…

勤務外日報

月末のカード引き落とし金額に目をひんむき、この水曜日は幕を開けた。しばらくはガチガチの緊縮財政を敷くことを強いられそうである。だけれど、(中古のスウォッチで構わないから)時計はほしい。いやはや、困ったことである。 話は変わって、これまでの職…

中国人と地を這う視線

過ぎし日に行った喫茶店、先客は中国人と思しきカップルのみであった。彼らの姿がよく見える席に通され、コーヒーを注文。僕はすぐさま立ち上がり、尿意解消を図った。席に戻ると、ちょうどよいタイミングでコーヒーが供された。 はた目には、深刻なふうに見…

期せずして塩屋

関西圏の私鉄が乗り放題の切符をもらっておきながら、だらだらと有効期限その日まで使わずにいたので、強引に外出してきた。おとといのことである。その昔であれば、ハッと行く先が思い浮かびもしたのだけれど、いまはそういうわけにもいかず、さしあたりエ…

上京抄

慣れない装束に身を包み、街を歩く機会が立て続けにあったせいか、身体各所がこわばっている。おととい、先を案じて上京したのに、その核心部分についてはあまり覚えていない。初対面の男衆と相対して、思ってもいないこと、わずかばかりの思っていること、…

断髪式の夜

所用のため、かつて通った大学へ。在学時の正門前には、インドカレー屋や牛丼屋が割拠していたように記憶しているが、いまやその地位はラーメン屋に取って代わられたらしい。どこもアブラギッシュなビジュアルを前面に押し出しており、歩いているだけでも胃…

退職イブを終えるにあたって

久々に履歴書をしたためた。おおよそ1年半ぶりくらいかしら。そのおかげで右手の握力がガクンと低下している。気がする。少なくともプルプルしている。 今日という日は、僕にしては精力的に活動できたように思う。豚バラほっこりうどんなるものも食べたし、…

帰省録

実家のある和歌山に日帰り帰省し、猫にあしらわれてきた。道中、天下茶屋の秋山珈琲店でモーニングを食す。以前にも似たようなことを書いたように思うけれど、僕は食べログに割拠するレビュアーご歴々のような、飲食にまつわる特殊語彙を持ち合わせていない…

ミナミに沈む

大阪・ミナミの雑踏に揉まれる機会が、立て続けにあった。以前からその気はあったけれども、ここ最近はとりわけ人酔いと形容されるような反応が顕著で、なるだけすれ違う人々と目を合わさないよう、ピントをはるか彼方に設定することをもって対処としていた…

念願かなってナーガカリー

いま住んでいるところに越してきてから、何度も通っているカレー屋であるところのナーガカリーに行ってきた。前回の訪問から、少し間が開いてしまった。降ってわいた夜勤が幸いした格好だ。 ここは食べログではないから、味がどうだ、コスパがああだ、雰囲気…

本日の遅刻に関しまして

仕事に遅刻した。二度寝の前に目覚ましをセットした気になっていたのだが、純然たるアルカホリックな勘違いであった。素直に反省している。 このタイミングで自己申告をするのもどうかとは思うが、僕は基本的に確定した行事や約束に関して、遅刻やドタキャン…

職を探して街に出た

大阪は雨降り。部屋にこもり、求人サイトに体系化された情報を眺めるうち、頭が何も受け付けなくなってしまったので、アナクロな方法を試すことにした。すなわち雨空のもと、求人ポスターを求め、近隣をあてどなくさまよってみたのである。 まずは景気づけに…

メイクマネーを考える

職を探さなければならない。職がなければメイクマネーできないし、メイクマネーがかなわないことには生活は行き詰まる。家賃が支払えない。引越しができない。税金も納められないし、必要な栄養も摂取できない。僕の場合、こういった認識は窮地に立たされて…