読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関根デッカオ's 不肖動静

筆者の頭部に、大きさなりのはたらきを見せてもらおうという試みです。

お怒りの声を受けて

僕にしては珍しく風邪をちょうだいし、更新が停滞してしまった。この1週間ほど、人の怒りから色々と勉強させてもらうことがあった。 先の金曜日だったかしら、勤務先への道中に乗り換えが必要な僕は、いつものように淡路の駅で電車を待っていた。阪急電鉄ご…

昼間照明慨嘆

日没を待たずに室内照明を灯すことが、どうにも好きになれない。蛍光灯であろうが、LEDであろうが、てんで関係ない。光源のいかんを問わず、そんなふうに思えるのである。日のあるうちは、願わくば自然光だけでどうにかしたい。 思い返せば、小学校時代から…

車内大股開き衆に関する建言

電車通勤の身になって、感じることがある。導入から間もない車両のロングシートというのは、往々にして仕切りが設けられていて、定員での着席を促しているのだなということである。つまるところ、本当の意味でのロングシートではないわけだ。結構なことであ…

Tバックを断罪せよ

女の尻にフォーカスしたアダルトビデオというのは、どうしてああもTバック礼賛の思想に裏打ちされたものが多いのだろう。統計的なデータを弾き出したわけではないけれど、僕個人の実感としては、猫も杓子もTバック、ブスもオババもTバック、そういった様相を…

短髪所感

調髪に行ってから、1週間あまりが経過した。およそ2年ぶりの短髪は、従前と違った作法で接する必要があるので、まだどうにも慣れない。それどころか、ロン毛の機能性をいやほど痛感するばかり。短髪は僕にとって、大いなる問題をバリューセット的にはらんで…