読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関根デッカオ's 不肖動静

筆者の頭部に、大きさなりのはたらきを見せてもらおうという試みです。

人間は本質的にひとりというような言説に関して、おおむね異論はない。自己の認識は、なるほどそれこそすべてというよりほかないわけだし、僕はそれ以上のことに関して、何ら証明する術を持たない。 にもかかわらず、なのである。自己の認識のうちにある欲求…